代替医療・代替療法

ガン(癌・がん)とたたかう代替医療情報センター

 がん(ガン・癌)とたたかう 代替医療情報センター
がん(ガン・癌)とたたかう代替医療情報センター 
   
 ‖お気に入りに追加代替医療情報センターフコイダンとは無料・個別ガン診断代替療法の体験談サイトマップ
 音楽療法とは
 音楽療法ってどんなもの?
音楽療法とは、音楽の力を利用して心や身体を健康にしていこうとする 自然療法です。

音楽を聴くと楽しい気持ちになったり、懐かしい気持ちになったり、
ワクワクしたり、気持ちよく眠れたりしますよね。
音楽には不思議な力が秘められていると言われています。

音楽療法には音楽を聴くことはもちろん、
楽器を演奏したり、歌を歌うことも含まれます。

日本では1995年に全日本音楽療法連盟(全音連)が設立され、
音楽療法士の資格認定が行われました。

1997年には100名の音楽療法士が誕生し、多くの医療施設で
音楽療法は取り入れられるようになってきました。


『代替医療ガイドブック』春秋社2000において

音楽療法は立証済みの補完療法であり、
多くの病状や問題に効果を上げている。

治癒力はなく、いくつかの補完療法のように、重大疾患の治療法として
勧められることもない。しかし、優れた補完医療法の例にもれず、
幸福感や生活の質を高め、症状を軽減し、初期治療やリハビリテーションの
効果を高めてくれる
」     と、記されています。
 どんながんに有効か
ガン患者さんへの心のケアにつかえるのではないかと
注目を集めています。

音楽療法のなかでも注目されているのが、

モーツァルトの音楽は、人の健康を支えている生体機能に
刺激をあたえる高周波をたくさん含んでいると言われています。

あらゆる音楽の中でもモーツァルトの音楽は、3500ヘルツ以上の高周波を
豊富に含んでいます。(一般的には周波数が高いほど音が高くなります)


この高周波音はせき髄から脳にかけての神経系を効果的に刺激します。
その結果、健康を支えている生体機能に良い影響をあたえます。

そのため、モーツァルトの音楽が音楽療法として最も効果的だとい
われているのです。
 ※人が感じ取れる周波数・・・15〜20,000ヘルツ、
 ※日本語の周波数・・・約125〜1,500ヘルツ


音楽療法は、がん・感染症・アトピーなどの免疫系疾患の予防や
ストレス解消、胎教、老人の痴呆症にも効果をあげています。


さらに、音楽による効果は人に限ったものではありません。

なんと、熟成中のワインに音楽を聞かせるとワインがまろやかな味になったり、
乳牛に聴かせるとよく乳が出るようになったりと、
人以外にも効果が確認されているというからオドロキですね。

代替医療情報センター  
URL: http://www.1fgi.com/ft/index.htm   E-mail: info-kc@kenko-jyoho.com

当サイト内の内容(全文あるいは一部)を無断で引用・転載されることを固くお断りいたします。
Copyrightc2005 by代替医療情報センター Co.ltd. All rights reserved.
ガン(癌)の治療は代替医療