フコイダン総合研究所 フコイダン徹底検証 _フコイダン徹底検証_

http://www.1fgi.com
info@1fgi.com
ヤフーブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
お気に入りに追加 お気に入りに追加!
フコイダン総合研究所トップ  フコイダンとは  フコイダンと癌  フコイダン種類と選び方  最新ニュース   お問い合わせ
フコイダンとは
フコイダンと癌(がん)
フコイダンの種類・選び方
フコイダンQ&A
フコイダンとがん アポトーシス、新生血管抑制、免疫力強化
最新フコイダンなら脳や肺までフコイダンが届く
医師も認めたフコイダン
◆フコイダンとがん
◎抗がん作用-アポトーシス
◎抗がん作用-免疫力強化
◎抗がん作用-新生血管抑制

メールで資料をご覧に
なりたい方はお名前と
アドレスをこちらへ
ご入力ください↓






お名前

メールアドレス(PC)


がん(癌)関連 最新ニュース

モバイル
QRコード
癌(がん)とフコイダンの情報 モバイル

がんと闘うための情報

メルマガ 登録・変更・解除

フコイダンの種類や選び方について知りたい
5.フコイダンと腸での吸収力

わたしたちが物を食べるとき、口の中でかみくだき、
胃でそれをドロドロに溶かす一連の作業は、
小腸での吸収力を高めるためです。

口のなか・胃・十二指腸・小腸で、
それぞれの消化酵素の働きを受けて大きな分子が分解され、
ブドウ糖アミノ酸などのいちばん小さい分子になって
わたしたちの体に吸収されていきます。

小腸に到達した時のこのドロドロの分子の大きさは
約4,000と言われていますが、この分子の大きさでは
腸は全体の4〜5%程度の栄養成分しか吸収できません。


残りは、便といっしょに排出されてしまうのです。

じつは、

単に抽出しただけのフコイダンというのは、
分子量が20万〜100万という超高分子の状態です。

腸の粘膜が吸収できる分子の大きさが、約4,000ですから、
それとくらべ50〜250倍も、大きいのです。

ですので、高分子フコイダンをそのまま摂取したとしても、
残念ながらそのほとんどは、吸収されることなく
体内を素通りして、便として排出されてしまうのです。













フコイダン総合研究所 http://www.1fgi.com/

Copyrightc2012 by FGI. All rights reserved. このサイトにおけるすべての無断転記を禁じます。